グラビア印刷

グラビア印刷

食品包装用パッケージフィルム・紙・レーヨン紙等の印刷ならお任せください!和紙の印刷も得意です!!お客様のニーズに合わせて、企画から印刷まで一貫して対応致します!

グラビア印刷について

 グラビア印刷とは、凹版印刷の一種で微細な濃淡が表現できる為、高精度な写真などカラフルな色彩の表現ができる事を特徴としています。印刷対象として、食品包装用パッケージフィルム(軟包装グラビア印刷)、家具や家電製品の木目印刷(建材グラビア)など、多岐にわたっています。
 当社では、食品包装用パッケージフィルム・紙(和紙)・レーヨン紙等の「軟包装グラビア印刷」に取り組んでいます。

 

軟包装グラビア印刷
▲当社製品一例

グラビア印刷の原理

 グラビアは鉄円筒に銅メッキをしたものを版円筒(シリンダー)として、これに製版します。シリンダーはクロムメッキ処理することにより、耐久性を持つ為、印刷速度の速さとその耐久性から、大量部数の印刷に適しています。 この事から、印刷は一つの原型から同じものを数多く作る複製術(Reproduction:リプロダクション)ですが、グラビア印刷はリプロの王者とも言われています。

 

シリンダーの断面図
 シリンダーに掘り込まれる図柄は、銅メッキの腐食によって作られた小さな凹型のくぼみから構成され、そのくぼみを「セル」と呼びます。セルの大きさ・深さを変化させることで、色の濃淡を表現することができます。(セルの大きさ・密度が高いと濃く表現され、反対にセルの大きさ・密度が低いと薄く表現されます。)
 そのセルが付着したシリンダーをインキパンの中で回転させ、ドクター(スチール製あるいはナイロン製の薄い板状の刃)で掻き取り、紙を与えて圧を加えるとセルのインキは紙に転移して印刷が出来上がります。
グラビアの原理

グラビア印刷機

 
グラビア印刷工場
▲グラビア印刷工場
グラビア印刷機では、1色ごとに1つの印刷ユニットに分かれています。
 当社では5色印刷機(フィルム用)及び、
6色印刷機(紙・レーヨン紙用)を導入しています。※両印刷機共に、フィルム・紙の対応が可能です。
 詳細につきましては、お問い合わせ下さい。